FC2ブログ
此処は、珠の大切な御主人様との記憶を記録する大事な場になっております 。
2018/05«│ 2018/06| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2018/07
12:35:20
以前、訪れたダム湖へ行くと
ねこねこランドでした

僅か数年で ...

猫集会にも出会せ
喜んで居たのですが

この子達みんな捨て猫


此処は
心無い人間が
無責任な人間が

罪も無い猫を捨てに来る様です

数え切れぬ程の猫がおりました

擦り寄る猫
怯える猫


私は、せめて自宅の愛猫を
最後まで面倒を見る事しか出来ませんが

手放す事だけは致しません
最期まで責任を持って ...


暫く猫と戯れ
ゆったりとした時間を
御主人様と過ごせました



夕食はラーメン


こんなお洒落なラーメン屋さんへ
御主人様はお連れくださいました

御主人様








この日
御主人様は

あれ程大切に大事に愛しておられるお縄を
珠にお預けくださいました

バラ鞭も一本鞭も
アナルフックや乳首クリップ
蝋燭に蜜蝋 ...

ご自宅には
まだ、お縄も玩具なども
おありになると仰っておられましたが ...

お縄を全部 ... と、お聴きした時
本当に驚きました

御主人様のお覚悟
私の管理責任と、もちろんその覚悟


1度にはお荷物が多くなってしまうので
お道具などを少しずつ珠に渡して行く ... と



今まで、何度か話し合い
御主人様からのご提案をお受け致しました


私は
御主人様に添い遂げられるよう
努力するだけです


御主人様が
珠と言う出来損ないに
本気で向き合ってくださる限り

珠の心も精神も躰も
御主人様にお預け致します


御主人様の意のまま
文字通り
意のまま、お好きにお遣い下さい

蝋がついたまま ... ♡
このままじゃダメ ... ですよね ??



駅まで送ってくださって

珠って手招きされ
片隅でキスをしてくださいました


離れる事が刹那くて
なんか、この日は本当に寂しくて ...

振り返ると御主人様は
まだそこにおいでくださっていて

最後に振り返った時
無意識に手を振っておりました

御主人様に手を振るなんて
初めてで
自分に自分が驚きました


御主人様が見えなくなると
涙が溢れて来てしまいました


目の前には
ちょうど電車が来ていて
慌てて乗り込みました

ホームで待つ時間があったなら
きっとポロポロ泣いてしまっていた事だと思います


お預かり致しました
御主人様のお道具バックを抱きしめ
帰路に着きました













Category:おデート│ コメント:--│ トラックバック :--
22:17:05
さっとお風呂を済ませ


ベッドに横たわる
御主人様のおちん様を咥えようとしました

「 違う 」と、ひとこと

御主人様の胸に抱かれ
頭を撫でられ

キスしてくださり
乳首を口に含んでくださって

優しく愛撫してくださいました

おまんこには御主人様の指


蕩けだした頃
おまんこへの平手打ち

気持ち良かったり、痛みに声を上げてしまったり ...


御主人様へのご奉仕
お身体に舌を這わせます

「 手も使え 」
何処か疎かになってしまう事
直さなければなりません

おちん様、たまたま様、アナル様

精一杯
ご奉仕させていただきました


御主人様の前で
脚を開き

自慰をし
御主人様に跨り
腰を振り

逝く ...

何度も
何度も

腰を振り

逝く ...

御主人様の
「 逝け 」のひと声

どうしてか
あっさり逝ってしまう躰に
いつの間にかそんな躰に


動画をお撮りになられておいでなのに
とても恥ずかしいのに
浅ましく逝ってしまうんです


乳房を握り潰される痛みに声を上げてしまいます


乳房に近づく煙草
見つめておりました

その熱さや痛みは躰が覚えています
小さな水泡が何個も出来ました
刻んでくださる事が嬉しくて、嬉しくて ...

分かりません ...
本当に ... 分かりません ...

御主人様を刻んでいただける事への悦びに
理由が無く
どうして嬉しいのか ... 分からぬまま ...



御主人様のお精子様を
口の中いっぱいに注いでくださって




幸せです ... 。


お風呂をご一緒させていただき
その時、飲尿もさせていただけました

御主人様の髪を洗える事
お身体を洗える事


何もかも ...
御主人様のお傍に居れる事が幸せです



お風呂の後は
軟骨と耳たぶにピアスを開けていただきました

誕生日の記念として

御主人様はわざとタイミングをずらされます
覚悟の前に穴が開きます


それが御主人様の優しさ ... なのですよね ?? 笑

耳が真っ赤


記念のピアス
暫くの間
軟骨の痛みで寂しくなる事は無いはずです !!


御主人様
ありがとうございました 。













Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
23:15:25
鞭を打ってくださった後


「 座れ 」と ...

御主人様の前に正座をしました


赤い蝋燭に火が灯りました
太腿の間に挟みながら
御主人様は
「 しっかり挟んでおけ 倒すなよ 」と ...

蝋燭を必死に挟みながら
蝋燭が溶けるのを見つめ
御主人様をお待ちします



躰に蝋燭を垂らされると
熱さより気持ち良さを感じました
低温だからなのでしょうか ... ??
熱さは余り感じませんでした

脇の下は多少の熱さを感じましたが 、、

蝋燭に染まるの
良いです ...
蝋が躰で固まる感覚
好いです ...


「 咥えろ 」
口に蝋燭をねじ込まれたのですが
極太蝋燭
咥えるのがやっと
顎が外れそうな程 (笑)

ねじ込まれた時
その太さの方にあわあわ ... 汗

御主人様をお待ちする時間が
とてもとても長く感じました


口に咥えた蝋燭の雫が
珠の躰に滴り落ちます

自分で自分の躰に ...
ぽたぽたぽたぽた ...


「 舌を出せ 」
怖かったけれど
それよりも珠は御主人様の方が怖いので
戸惑う暇なんてなく舌を出しました

舌に落ちる蝋

「 垂らすな 舌で受けろ 」

ひとしきり蝋を垂らされると

珠の乳で蝋燭を消されました
一瞬の事でしたが
それはとても怖かったです ... 。


縄を解かれたのも
アナルフックを外されたのも
記憶にありません 、、
何故でしょう ??

「 立て、そのまま風呂 」と、御主人様

舌を出したまま
御主人様の後について
涎を垂らしながらバスルームへ ...

「 蝋燭落とせ 」と御主人様

ペリペリと呑気に剥がしておりましたら
「 そんなにゆっくり剥がしてたら、時間なくなるぞ」と ...

剥がした蝋燭の一部



このお写真がいちばん好きです
御主人様の御御足が映り込んで居るから ♡


なんか、こう言うお写真が
とても嬉しかったりします








Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
03:36:25
ホテルに入ると
御主人様は必ずバスローブを羽織りますので

荷物を置いてから
珠の所作は
御主人様のお着替えのお手伝いです

... 好きです 。とても 。


その時々で多少変わりますが

お風呂の準備をする様仰られたので
直ぐバスタブにお湯を張りました



その後
荷物の整理をしておりましたら
お小水との事
そして、お風呂で待つようにとも仰りました

急いで全裸になり
御主人様の趣旨が良く分からぬまま
バスルームへ行き
正座をしてお待ちしました

いらした御主人様のおちん様を咥え
おしゃぶりしておりますと

大きい方をなさりたいと ...


思い返せば、少しだけ笑えてしまうのですが
その時は
もう、何が起こるの ??? 状態のまま
トイレに連れられました


御主人様は、用を足されている間
しゃぶって居ろと ...

不思議と匂いが珠の鼻をつく事はありませんでしたが
何故かそんな哀れなシチュエーションに興奮していました


バスルームへ戻ると
バスタブに手を付き
尻を突き出せと ...

おまんこにお小水をいただきました

流れ入る感覚も
いっぱいになる感覚も
流れ出る感覚も

全て感じれ

汚されながら清められている様に感じました

「 躰を流してから出て来い 」


お部屋に戻ると
ケーキを出すように言われました

御主人様が
おひとりでお店に入り
選ばれた物

箱を開けると

美しく綺麗で、可憐で可愛いケーキが2つ


鮮やかな色
素敵なケーキ
食べるのが勿体無い程でした



中のチョコはとても濃厚でしっとり滑らか
周りの酸味とのバランス
めちゃくちゃ美味しい !!


甘すぎずふわふわな
ムース状の苺の生クリーム
真ん中には程よく酸味のあるジャムが
口の中いっぱいに広がり
ほっぺが落ちそう ♡


先に御主人様のお口に運びましたが
「 珠が先に食べな、お前の誕生ケーキなんだから 」と ...

そんなお心遣いを
素直に受けさせていただきました

ありがとうございます
本当にありがとうございます ... 。



ケーキを食べ終えると
準備をする様仰られました


今回ご指定の奴隷としての正装
メイクを直し、髪を整え
御主人様の元へ


尻を出すように言われ
差し出すと
アナルフックを挿されました

冷たくて少しの重みを尻穴に感じました

「 手 」
縄をお持ちの御主人様が
目の前にいらっしゃるのに

珠はふわふわとしたまま
birthday mode だったのでしょうか ...

「 手 !! しっかり揃えて出せ !!!! 」
一喝され
キリッと締まりました ...


手首に縄が掛かり頭の後ろへ
胸に這う縄
フックに掛かり引き上げられました

御主人様に背を向けていたので
何がこの先起こるのか
想像なんて出来ないで居ると

その姿を御主人様はカメラに収められました



前を向いた時に
そこに一本鞭があるのが分かりました

ゾクゾク ...
ドキドキ ...


再度後ろを向かされ
覚悟はあっても

打たれる度、声は漏れてしまいます

打たれる毎、呼吸も乱れて行きます


嬉しかったです
とてもとても ...

誕生日に
縛ってくださった事も
鞭をくださった事も


とても、嬉しかったです










Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
20:26:23
御主人様の元へ ...


何年経っても
何時になっても

お逢いする前日は緊張してしまって
夜は殆ど寝れません ... 。




「珠のお誕生日会」と御主人様

お逢いする日を
珠の誕生日になさってくださいました

祝っていただける事
心から、ありがたく思います



お迎えくださった御主人様は
珠の好きなカフェ・ラテをご準備してくださっておりました

そんなお気遣いに幸せを感じずには居られません




車を走らせると
脚を開かせ
スカートを捲り上げ
クリを弄られ
おまんこを叩かれ

必死に堪える珠を横目に
ケラケラお笑いになられる御主人様

向かう先は
御主人様のお家の氏神様なのですもの
乱れた姿でお伺いする事は ... 。。




その神社様は
私の精神を癒してくださる
美しい銀杏の木があります


温かいの ...
沢山の感情をくれるの ...

不思議な木

初めてお連れくださった時から感じる
様々な感情 ...


銀杏の御神木


私の心を浄化してくださるの ...



此処はいつお伺いさせていただいても
とても、心地好い場所です


紫陽花が咲き誇る季節
お伺いさせていただけ
ありがとうございました


今年初めて
ゆっくり紫陽花も愛でました




盗撮 ... 叱られちゃうでしょうか ... ??


ハートの形に見える紫陽花
見つけました ♡




浄化され
パワーを分けていただけ

ランチへ ...



御主人様が小さな頃から
御家族で良くお出掛けになられた
洋食屋さんにお連れくださいました

以前から
此処のハンバーグのお話は
お聴きしておりましたし

" いつか珠を連れて行きたい ... " と、仰ってくださっていたお店


煮込みハンバーグを思わせる様な食感
トロトロふわふわ
初めて食べたのに懐かしさを思わせるデミグラスソース
生から半熟へゆっくり固まって行くたまご
トロトロの黄身を絡ませて ... ♪

優しいお味
美味しい !!
とても美味です !!



食事の後はホテルへ向かいます


ホテルに向かう途中
ケーキ屋さんへ

そして
飲み物を買うためコンビニへ




買い物が済み
御主人様と二人きりの空間へ















Category:おデート│ コメント:--│ トラックバック :--