FC2ブログ
此処は、珠の大切な御主人様との記憶を記録する大事な場になっております 。
2016/11«│ 2016/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/01
17:07:47
朝はゆっくり起きました


御主人様の足元に潜り込み
御主人様のものを咥え
存分におしゃぶりさせていただきました


お風呂を御一緒させていただき
まったり♡


お風呂で御主人様が仰ってくださった事
早く実現出来る様に ...

毎日、御主人様と過ごせたなら
どんなに幸せか ... 。



髪を乾かし
メイクをし
着替えを済ませ

御主人様のお着替えをさせていただき

準備OK


無造作に珠の胸を鷲掴みなされ
力いっぱい握られ

股を拓き平手打ちの連打

「 お願いです ... 感じてしまうので ... ダメです ... お辞めください ... 」

ぽってり腫れたおまんこは下着とストッキングの上から叩かれても

物凄く、敏感に反応してしまいます
時間の関係もあり
発情しながらま我慢です



駅構内のおむすび屋さんで
少しお腹に入れ

ショッピングモールへ行き
あれこれと見て回りました


お昼はハワイアン

・ピリ辛タンタンフォー

美味しい ... !!
冷たいフォーは初めての経験です
御主人様も珠もパクチーは苦手なので、もちろん入れません ... !!


・ハーブチキンのエッグベネディクト


・シュリンプケーキとアボカドのエッグベネディクト

どちらも美味しい♡
御主人様はハーブチキンの方のお味が薄いと仰っておられましたが、珠はどちらも美味しくいただきました♡
エッグベネディクト、たまご好きの珠にはたまりません♪♪




上野に行き
腕時計やスニーカーを見ました

お目当ての商品が売り切れで
新宿へ向かいました

新宿ではまず
腕時計を見ました

上野でも、ずっと
「 珠はどれが良い? 」 とお聞きになられていて
不思議に思いながらおりました

御主人様、珠に腕時計をプレゼントしてくださいました
お揃いです

びっくりして嬉しくて

何でもない日のサプライズ

果たして珠は、勿体無いくて着けれるのでしょうか ...

G-SHOCK
御主人様お好きで
色々お持ちのようです

御主人様のは黒にカモ柄
珠のは白にレオパード柄

御主人様がお選びくださいました





そしてもうひとつのお買い物
上野で売り切れておりましたが
新宿にはありました ...
御主人様お目当てスニーカー


夜はコリアンタウン
新大久保


御主人様に焼いていただき
御主人様にカットしていただき

食べるだけの珠 ... 贅沢 ♡

・骨付きカルビ



・青唐辛子

青唐辛子は大好物です♡
あるだけ食べちゃいます ... 笑

・付け合せ

好き嫌いは少ない珠です
...が、ゴマの葉は苦手です、、

・ネギサラダ

うまぁ♡


ゴマの葉やパクチーが苦手なのは御主人様も同じです

美味しい物の好みが似ていたり、苦手なものが同じだったりと
食が合う合わないは大切だと思ってます


韓国料理のあとは



お決まりのコースです








Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
00:51:13
御主人様とのお風呂


薬局であれこれ物色し、購入した入浴剤

少しでもお疲れが癒えたなら ... と思い
備品で置いてある物は使わず持ち込む事も多いのですが

疲労が蓄積されております御主人様
今回の症状に合う物をチョイスしました


ゆっくり湯船に浸かる御主人様を見ていると
ほんわかします


躾の時の御主人様とは180°違います
あんなに怖くて厳しいのに

こんなに優しくて柔らかな御主人様 ... 笑


色々なタイプの御主人様がいらっしゃるとは思いますが ... 。




湯船に浸かるとおまんこにじんわりとお湯がしみましたが
御主人様にはお伝えせず

自分の中で幸せを噛み締めました ... 笑



髪を洗わせていただき
お身体を洗わせていただき


御主人様が上がりましたら
自分の身体を洗い、バスルームから上がります



休む前
マッサージをさせていただきました


珠はマッサージが上手くなくて

自分がマッサージをされる事を苦手としていて
何処をどの様にすれば気持ちが良いのか分からなくて ...
ただ、闇雲にやっていました

幾度となく、御主人様には
「 マッサージの勉強を少ししろよ 」と言われておりました

一念発起 ... !! 笑
YouTubeを片っ端から観て、覚え ...

実践です


結果
「 気持ち良かった 」 と、仰っていただけました ... !!

数日経っても、仰い続けていただけて
とても嬉しいです


御主人様のお隣に潜り込み
目を閉じると

あっという間に眠りの中へ



ずっと激務で
遅くまでの残業に休日出勤

眠気と怠さの日々

そんな毎日を過ごされていらしたのに
「 珠を放置していたからな 」 と仰ってくださって

珠が望む事をしてくださり

どんなにお疲れかと ...



感謝しております

珠は幸せです









Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
11:33:27
ベッドに横たわる御主人様の傍に正座をしました


御主人様は
躾ていただいている間の
私の涙を嫌います

自分の性癖として持っているM性
主従としての関係
SとMとしての行為

それらには " 幸せ " があるもので
悦ぶべき事に涙は不必要と ...


どうしても涙が出てしまう私

感情が溢れ、堪え切れなくて溢れますし
痛みによる涙も零します


それなのに
傍に正座をした私に

「 痛かったか? 」 と ...
「... はい ... 」

涙を零しそうになる私に
「 ほら... またぁ 」

そして
涙は要らない事を
ゆっくりお話くださいました


感情に素直に
御主人様に抱きついてしまいました
抱きつきながらお話を聞いておりました


お話しが終わると
「 しゃぶれ 」 と ...


沢山、沢山
御主人様のものの匂いを嗅ぎ

顔を擦り付け

ゆっくり口に含みます

少しづつ大きくなる御主人様のもの


すべて
お玉も穴もすべてに御奉仕をさせていただきます


喉奥に挿され
堪え切れなくてリバースしてしまい
御主人様のものを汚してしまいました

瞬間、叱られると思い
「 ごめんなさい 少し戻してしまいました 」と慌てました

... が

「 良いから続けろ ... 」 と
優しく仰ってくださいました


ひとしきりおしゃぶりさせていただきますと

「 後ろを向け 」 と
後ろを向いた珠に
「 そのまま後ろへ下がって来い 」


「 ????? 」


御主人様のお顔の上まででした

「 咥えろ 」
御主人様のものを口に含ませていただくと

クリを舌で転がしてくださいました

散々叩かれたクリに柔らかな御主人様の舌

「 久しぶりだろう? 69なんて 」
そんな事を仰りながら
クリを弾く御主人様


それだけで逝き
何度も 「 咥えていろ! 」 とお言葉をいただいてしまいました

御主人様のおちん様を咥えている事なんて出来ないまま

おまんこを平手打ちされ
舌で転がされ
クリを弾かれ
舌で転がされ

腫れ上がったおまんこは
少しの刺激ですら堪えることが出来ない程、敏感になっており

痛みと快楽に逝き狂いました



寝かされ
御主人様の手でおまんこを掻き回され
逝き果て

「 声を出すな 」と
でも、全然無理で


沢山、沢山
逝かせていただきました



御主人様のものを咥え、おしゃぶりし
口中にいただき、珠の躰の中へ


ぐったり転がるわたし

御主人様は腕の中へ呼んでくださいました
本当に幸せを感じれる場所です


呼んでいただけませんと
珠は ... 自分から行く事ができません

躾の時は特にです


甘え方も知りませんし
下手なのだと思います












Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
21:08:39
数日前に

「 どうされたい ? 」 とお聞きくださいました

御主人様は質問された事に、きちんと明確な答えをお伝え出来ない事を嫌います

これは、最初からで
重々承知している事なのですが


どうされたい?と言う質問が
珠はとても苦手です ...


御主人様の世界に堕ちたい ...
真っ白になりたい ...
何も考えられなくなりたい ...

そんな抽象的な答えでは
勿論、御納得される筈もなく、叱られます


分かっては居ても、その様にしか答えられず
御気分を害させてしまいました


「 沢山、逝きたいです 」
「 沢山、おしゃぶりしたいです 」
「 おまんこを叩かれたいです 」

... と





ホテルで
御主人様の身の回りの事、湯船にお湯を張り
下着姿で落ち着いてしまった私 ...

証明を落とされる御主人様

それでも、床に座ったままの私 ...


カミナリが落ちました

「 何しに来たんだ !! 」
「 さっさと用意しろ !! 」


慌ててボディストッキングを纏い
全頭マスクを被り

御主人様の前に正座をし、御挨拶をさせていただきました


そのまま頭を踏み付けられ
顔を上げるように言われ

何かを言われたのですが
お返事をする事を忘れ

激しく頬を打たれました


お返事をしなかった事
されたい事を即答出来なかった事
奴隷として私の足りない部分の事


正座をしマスク共、髪を捕まれながら
激しく激しく打たれました

ヨロヨロよろけ
涙が込み上げ

本当にダメな私 ... なんだと思いながら

ただ
「 ごめんなさい 」 と繰り返すばかりでした


何年経っても
本当に御主人様の意に添えないのだなって
悲しくなりました



もう一度
されたい事をお聞きくださり

お答えさせていただきました


御主人様の前で自慰をみていただきました
膝たちで ...

そして、
立って大股を拓いて ...


恥ずかしいのに
何度も逝ってしまいました

御許可をいただきながら
御主人様からのお許しの 「 逝け 」 というお言葉を待ちごがれながら



立ったまま
おまんこを何度か蹴り上げられました



「 手、頭の後ろ 」

頭の後ろで手を組み
大股を拓いたまま、御主人様の前に立つ事は
マスクで見えない分
" 恐怖感 " が増します

その怖さにゾクゾクしました


珠のおまんこは
激しく連打されました

仰向けにされ
M字に両脚を拓き

閉じれないように御主人様は珠を跨ぎ

めちゃくちゃに
激しく激しく何度も何度も何度も叩きます

クリのピアスが弾け飛ぶ程 ...

ポロポロポロポロ涙し
叫び呻き悶えました


顔を踏み付けられ

叩かれ ...


良く覚えておりません


御主人様がマスクを取ってくださって
落ち着いた?と、言うのか

正気に戻ったと言えば良いのか ...



クリのピアスを着けるよう言われ
自分のおまんこを見てみると

倍以上に腫れ上がっていて
ホールが何処か、分からなくなっていました


腫れたそこを見て
やはり、おかしい珠は幸せを感じます



あんなに、あれ程痛いのに ...
あんなに、あれ程腫れ上がっているのに ...

どうしても濡れそぼっていました



ピアスを着ける事が出来ない旨をお伝えし
ベッドルームに戻りました














Category:│ コメント:--│ トラックバック :--