FC2ブログ
此処は、珠の大切な御主人様との記憶を記録する大事な場になっております 。
2014/11«│ 2014/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2015/01
2014/12/31
23:37:25
今年もあと僅か…


1年を振り返る

ご一緒の新年
小田原城
white dayのリング
御主人様のbirthday
鎌倉へ
ネックレス
ボディストッキング

韓国料理
ビンタ
釣り

ニードル
キス

御主人様の瞳
御主人様の腕の中
御主人様の声

空気感
匂い
温度

厳しさ
優しさ
怖さ
楽しさ


笑顔

冷たさ
温かさ


想いを
ありがどうございました



御主人様を…
御主人様を愛しています。



良いお年をお迎えくださいませ












Category:日記│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/12/28
22:25:00
朝はゆっくりしました


バスタブにお湯を張り
その間
御主人様のお隣でゴロゴロしました


朝のお風呂
ご一緒したかったけれど
ピアスの事があり

大切にしたかったのでシャワーだけを使いました


『珠…SEXするか?』と意地悪を頂きました…

しても問題はなさそうだと思いましたが
御主人様もご冗談で仰っていたので
我慢です

私の躰を気遣って頂けて
本当に嬉しく思いました

お口でご奉仕をさせて頂き
お精子様を飲ませて頂けました

とてもありがたく
嬉しい時です


そして…
着替えを済ませホテルを出ました



ドトールで
・御主人様 コーヒー&アップルパイ
・珠 コーヒー&スイートポテト




お昼はモモンガ
珠…人生初めての海老そば

・御主人様 つけ麺 (辣)




・珠 海老そば (極辣)





秋葉原へ行き
アダルトショップや
ガチャガチャのお店を見て廻り

池袋へ
気になった店を見て回り
ゲーセンへ行ったり

私の躰を気遣ってくださり
ゆっくり歩調を合わせてくださり

腕を組ませて頂けて
涙が出そうでした…(ToT)

いつもと違う御主人様にほっこりしました


・お茶
御主人様 ホットソイラテ
珠 アイスキャラメルラテ




池袋に行った目的は
蒙古タンメン中本

青唐辛子も大丈夫
海老そばの一番辛いのも大丈夫
カレーも…四川も…

辛い物が大好きです


そんな私に『辛くて食べれません』と言わせる為でした


北極を食べようかと迷いましたが…

人生初の1日でラーメンを2食という事と
(御主人様も初めてですって)

自分の辛さの限界を知らない事を配慮してみました


・蒙古タンメン中本
(東池袋店)

御主人様 半蒙古丼&半味噌タンメン






珠 蒙古タンメン




海老そばよりは辛いですが
全く問題がなく

次は絶対に北極だ!と御主人様

『珠…辛くて食べられません…』と言うのを楽しみにされており
『ダメだ 食え!』と言う事を企んでおいでなんです


口の中が辛くてダメだ!と仰る御主人様
甘い物を求めて


・本日2度目のドトールへ…

御主人様 ホットソイラテ
珠 アイスソイラテ




今回の逢瀬では
私の躰に御主人様からの【証】を施して頂け

とても幸せでした

次はラビアとナベルです…
ナベルはホールの具合が悪くなってしまい外してしまいました…

ナベルの時はワンピースでお伺いしなければ…

御主人様はニップルに刺す事がとてもお気に入りで
『また乳首に刺させろ』と仰っております…。

そしてその場で
『愉しかったぞ 珠!』とも仰って頂け
本当に心から安堵致しました

こんな風に毎回必ず愉しんで頂けたら良いのですが
なにせ珠ですので申し訳ございません



そして…

最後になりましたが
Twitter上で

突然の御主人様によるツイートに
たくさんのリプを頂きました事

本当にありがとうございました
<(_ _*)>

自分のツイートへのリプライよりも
遥かに嬉しく思いました

御自分の存在を明かされた事により
私の存在を明かした事にもなり

本当に驚きました

過去に
様々な事があった事と思いますが

あのツイートは
私にとって最高に大切なものとなりました

リプを頂きました皆様の事は
思い出の…最高の思い出の1つとして私の中に留まり続ける事と確信しております

心より御礼申し上げます

            珠


最後まで私の駄文にお付き合いくださり

ありがとうございました
┏○))





 珠

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/12/28
22:23:49
日付も既に変わり

お風呂上りのまったりとした時間
いつものまったりとは
心境が全く違います

嬉しさと未知の痛みへの恐怖とでのなんとも言えない時間


『珠 先に俺のを開けろ』
『…はい…痛くても怒らないでくださいね』

御主人様の耳にニードルを刺します

『刺しますね…。』
『ん』
何の反応も示さない御主人様

『いっ痛くありませんでしたか?』
『別に大丈夫じゃん…』

私の手の方が震えておりました

まさか本当にピアスをなさるとは
まさか本当に私が御主人様にニードルを刺す事になろうとは…

震える手
キャッチを着ける事が出来なくて
何度も何度も着け直しました

それでも御主人様は怒らず

『ゆっくり落ち着いてやれば出来るよ…』と優しく仰ってくださいました



私がやっと落ち着いた頃


『さて珠ちゃんやろうか♬』

本当に本当に…本当に愉しそうな御主人様


『縄』
『はい…』


同じ縄なのに
全く違う感情なのは
私の心の違い…なんですね…


ベッドの上で股を開きます

けれど…私のそこは濡れていて
雌としての匂いを放っておりました


閉じれない様に縄が掛かリます

御主人様は拘束無しでと申しておられましたが

痛みと恐怖で逃げ出さないように
縛ってくださいとお願いをしました


その鋭い痛みに絶叫しました

皮膚を貫通し肉を通り
その肉から皮膚を貫く

『いたぁぁぁぁぁぁぁいぃぃぃぃ』


シーツを握りしめ絶叫

痛いからこそ
全身の神経が一点に集中して
ニードルが刺さる感覚も
入って行く感覚もしっかりあり

変に冷静な私も何処かにおりまして

絶対に私の叫び声は廊下まで漏れている…と

自由な両手で布団を顔に覆って
『痛い痛い』と叫んでいました

ニードルを抜く時の痛み
ピアスを着ける時の感覚


ニードルが貫通している写真
ピアスを着けた写真

その場で御主人様が見せて下さいました

『ありがとうございました』

クリフットピアッシング
無事に終了しました


脚に掛かった縄が解かれ
ホッとしたのも束の間


『ちゃっちゃとやるぞ』
『手 後ろ』

御主人様に背を向け
後ろ手に組み
縄が掛かりました


私としてみたらリボン縛りでも
何でも良かったのです


私が恐怖で動かないようにして頂ければそれだけで…

でも、御主人様は縄に拘るお方
こんな時でも綺麗に縛ってくださいます


左の乳首を摘まれ
それをじっと見ていたら
『お前は見てない方が良い』と


ニップルはクリフットよりも
ずっとずっと痛く


『いたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい』
『いたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい』
『あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん』

大絶叫でした(ToT)

ニードルの刺さった乳首

ポタッポタッと流れだす血

ニードルを抜かれるのも痛かったのです

『あー痛いね んー痛いね』と嬉しそうな御主人様のお言葉がリフレインしていました

ピアスを留めて頂く時にも
痛い…痛い…を連呼していた私

『煩せーな!』と言われてしまう始末


縛られて居るのに
正座していたのに

乳首の痛みに躰を捩り
シーツにおまんこを擦りつけてしまっていたのでしょうね…

先程施して頂いたクリからは出血してしまうし

オロオロ…
プチパニック…。


『珠!!!』
御主人様の両手が私の両頬を打ち
顔を上げられ御主人様の方を向かされました

そして…
更に往復ビンタを頂きました

『シャンとしろ!』
『ハイィィィィ…』

情けないお返事です…


頬を打たれ
少し…落ち着きました



右の乳首へのピアッシング

落ち着いても痛みは変わらず


気持ちは的にはとても落ち着けましたが
変らず叫んでしまいました


ピアスが入るまでは
とても長い時間に感じました…


ニップルピアッシング
無事に終了しました



振り返ってみれば
時間的には掛かっておりません
3ヶ所共に一発で上手く刺してくださいましたし

けど
余裕のない私には
途方もない時間の様に思われました




ピアスの仕上がった躰
御主人様の従者としての【証】


嬉しいです
本当にありがとうございました






いちばん萌えてしまったのは
ニップルの合間に頂いたビンタでした
\(//∇//)\


痛みで堕ちてしまったら申し訳ございません…
痛がって逃げ出してしまったら申し訳ございません…

事前にお伝えしておきましたが

御主人様曰く
『お前は痛みで堕ちないよ…』

納得しました
『そうですね…叫べるというのは、余裕があるからなんですよね 本当にダメな時には声すら出すことが出来ないんでしょうね…』

『そうだな…堕ちる時は声を出したり出来ないね お前は痛いの好きだもんな(笑)』

『嫌いではありません…ケド…』


鞭とかスパンとかビンタの痛みとは種類が違うように感じました…。

この痛みは好きになれるのかしら?
快楽に変換出来る様になれるのかしら?

分かりません…。





 珠

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/12/27
02:00:48
お腹もいっぱいになりホテルに向かいました



お部屋は既に暖められており
寒空を歩いた私達には
とても有り難いです


コートを脱ぎ

下着にガーター姿

『それ良いじゃん…』
褒めてくださいました

『はい…』
褒められ慣れていないので
どうお返事をしたら良いのか
情けない事に分かりません…


スマホを開くと
御主人様のツイにリプがありました


そのままスマホを御主人様にお渡しをし
ソファーに座られる御主人様の足元におりました


リプを読まれ
お返事をなさっている御主人様


御主人様の膝に頬を乗せ
終わるのをお待ちしておりました

が…

私は御主人様の
匂いを嗅ぎたくて
口に含みたくて
いっぱいになりたくて

そわそわと御主人様の股間を眺めておりました…。


そんな私の気持ちを察してくださったのか
『お前はしゃぶりながら待ってろ』と仰ってくださり

直ぐに
御主人様のものを頂きました


暫しTwitterをされた後
ベッドに移られた御主人様

お身体中にご奉仕をさせて頂きました

愛おしくて
御主人様が愛おしくて


『乗れ お前が楽しむんじゃないぞ 俺を愉しませろよ』


きっと
私が楽しんでしまったのだと思います

それでも御主人様が私を窘めることをなさらなかったのは

今回いちばんの目的であるピアッシングに対して

極上のご褒美を先に与えてくださったのだと思います




お風呂の準備
バスタブに湯を張りながら

御主人様とベッドの上
お身体をマッサージします

丁寧に全身…


マッサージが終了しますと

『珠にご褒美をやるよ』
『???』と思っておりましたら

私の頭を掴み
御主人様のものに押し付けて頂けました


何度も何度も喉の奥へ

いつもより
呼吸もままならず
苦しくて辛くて

そうして頂ける事が好きです
ご褒美です


ごめんなさい…
すみません…
申し訳ございません…

少しリバースを・・・


何度も咽り 何度も嗚咽が襲います
涙も涎も鼻水も
チビリそうになりながら…


やっと開放して頂け

『何お前吐いてんだよw』
『ごめんなさい…』

そのまま御主人様はバスルームへ



お風呂の後は
ピアスを施して頂きます

その準備をひと通りして
バスルームへと向かいました


『寒いから珠も温まりな』と
湯船にご一緒させて頂けました


今回は御主人様のお身体を洗う事は叶いませんでした


お手伝いさせて頂きたかったのですが
『いいよ 温まってな』と…

ここでもまた
お気遣いを頂きました

とてもありがたく幸せだなと思っております

バスルームを後にする前
御主人様のお小水を頂けました


なかなか思うように飲む事が出来ず
申し訳なく思います







 珠

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/12/25
03:18:39
そして次なる目的地へ…



向かった先は新大久保

新大久保への出現率高いです(笑)



御主人様との忘年会♬

『今年もお疲れさん』
『今年もお世話になりました』

乾杯!




キャハーー♡
大好きな青唐辛子が付いてきました…!!




マルチョウ×2
(これは一人前)




玉子焼き
このお味が何とも言えず好きなんです




骨付きカルビ
柔らかくって美味しかったです
一緒に漬け込んであるお野菜が知りたいな




ネギサラダ
これ凄く美味しいです!!






突然・・・

『お前のTwitter見せてみろ』
『しかし…つまんないTwitterだな(笑)喰いもんしか載せてないじゃん』

『画像を使われてから躰関係は全部消したので…なんかどこに向かっている垢なのかな…とは自分でも思ってます』


そんなお話しをしながら
ガチャガチャでの
奴隷のももこサンの写真を撮り出す御主人様




『俺がひとこと挨拶しても良いか?』
『えっ…あっ…はい…良いですよ…』

『この写真、お前用に加工して』

とてもとてもびっくりしながら
加工してスマホを御主人様にお渡し致しました


暫し文章を作る御主人様
網の上ではお肉が焼けてます


焦げちゃう…。
炭のあたらない所へお肉を寄せながらお待ちしました

文章を作り終わり渡されるスマホ

『これで良いならツイートしろ』

その文章を読み
ひっくり返る程の動揺が襲いました


ハンネ入り・・・


過去のSNSで
珠の存在は公になさらなかったのに

御主人様を見ると
『大丈夫だろ…ツイートしておけ』
『は…い……。』


『今日はピアスの写真か縄の写真も載せるか…』
『………はい…』


私の頭の中は
御主人様のハンネがぐるぐるしていました


少し震える指で画面をタップ…


ツイートしちゃった…

その後は本当にドキドキで
ピアスの事なんて消え去るほどの震えと鼓動の早さでした





 珠

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--
2014/12/22
21:07:45
12月13日(土)


やっと御主人様にお逢いする事が出来ました



今日の予定はたくさんあリます

ささっと昼食を摂り
私の大好きな神社に向かってくださいます

大好きな銀杏の木に逢いに…。

御主人様とでなければ私は踏み入る事はしません
とても特別で想いの深い神社です


本当はお散歩しながら向かう予定でおりましたが

予定を変更して
バスで向かいました



バスに乗りますと
御主人様の手がスカートの中へ


一番感じる部分を弄られ
Tバッグを掴み引き上げられ
太腿を抓られ

本気で感じてしまい
乗客も多くて

その間は本当に本当に必死で堪えました・・・


1日経った今も少しの痣となり
御主人様の痕跡が嬉しいです





少し早いけれど
今年一年の御礼に来ました


大好きな銀杏の木と共に
いつの間にか御主人様が撮ってくださっていました

とても嬉しいお写真です





参拝させて頂き
境内でゆっくりしていると

『しゃぶりたいか?』と御主人様
『はい…』

1ヶ月振りにやっとお逢い出来たんですもの
正直にお答えさせて頂きました


でも、絶対にこの場所で
そんな事をさせて頂けるはずは御座いません

それは私が一番理解している事です


境内を抜け
見晴らしの良いブランコのある広場

そこで口に含ませて頂けました
御主人様の前に跪ける事が
こんなにも嬉しくて


久しぶりの御主人様のもの
夢中で咥えました

『綺麗になったか?』
咥えたまま
『ふぁい』とお返事

『仕舞え』と仰られましたが
離したくなく…

『仕舞え!!』ときつく言い渡され
しぶしぶ口から離すと

間髪入れずに頬を打たれて
『仕舞えって言ってんだろ いつまで咥えてんだよ!!』と

『済みませんでした…』

しょぼんと急いで仕舞わせて頂きました・・・

歩きながら
『もうちょっと咥えたい…くらいで丁度良いんだよ』
『えーっ嫌でした…もっとおしゃぶりしていたかったんです』

『ほんとお前はバカだね~』
『はい…バカなんです…(T_T)』


帰り道は駅まで歩きました


そして…次の目的地へ


移動の途中のツリー
去年も有った記憶があります

今年は写真に収めてみました




この季節
街はイルミネーションでいっぱい
夜はとてもロマンチックですね



ここでも…素敵です…




御主人様を盗撮しました
Twitterにも出しちゃった(笑)

勿論…ご許可は頂きました




こっちも綺麗…




これも…




『念願のイルミが観れて良かったな』と御主人様


ここに立ち寄った本来の目的は釣具屋さん(笑)


でも
私が御主人様とイルミを観たかった事を覚えていてくださっていた…

そんなお言葉が嬉しくて

お写真もたくさん撮れました

御主人様の背後霊の様に
お写真をご一緒させて頂きました

テンションがあがり
とっても幸せでした♡





 珠

Category:未分類│ コメント:--│ トラックバック :--
16:12:43
お昼を食べ終わると
駅前のタリーズへ



御主人様はソイラテ
珠はアイスチャイラテ



お茶を済ませ
もう一軒目的の釣具屋さんへ向った

そこは亀を飼われていて
人懐こくて
御主人様が選ばれている間
ずーっと亀を見ていた(笑)

亀…欲しくなったよ




その後はボディピの専門店へ移動
御主人様がお付き合いしてくださった

ニップルの覚悟が出来たので
次の逢瀬で施して頂きたく
お願いをした

お店ではスプタンぱっくりのお兄さんにあれこれお願いをして
お目当ての物は総て揃った


私はホールが落ち着いても
何年経っていても
メッキのピアスをする事が体質的に合わなく

なかなか気に入った品が買えない


私が一式揃える間
御主人様はナベルのピアスを見ていた
『とかちゃん可愛いじゃん これいいじゃん』とトカゲのピアスに一目惚れをしていらした


珠の買い物が終了し
竹下通りをフラフラしながら

御主人様のもうひとつ大好きな物
スニーカーショップ巡りをした



新宿に戻り夕食を摂る



あん肝
珠の好物です♬



あんこう鍋
肝を溶き入れていないタイプのお鍋だったようで
お味は微妙でした



みかん鰤の握り
みかんを食べて育ったの??
とてもうまうま~



ぶりかま
これは御主人様がとてもお気に召されたカマちゃん


私はお昼の麻婆豆腐が胃袋を占領しており余り食べれず

御主人様も同じ様で
お残しごめんなさい!!



御主人様は14連勤をして
私と逢ってくださった

月曜日からは暫くお休みが取れない
何連勤するのだろう

毎日遅くまで残業もしている


寂しいけれど
離れたくないけれど

御主人様が倒れる方が辛いので
早めにさよならをした


離れる時いつも思う

珠は…
御主人様でいっぱいなんだ
御主人様の事しか頭にない

お逢い出来ない間は
一日中御主人様の事を考えている


支配して頂きたくて
屈したくて







 … 珠 …










03:14:48
9時の目覚ましで起きる


それ以前に何度か御主人様がお目覚めになられていたのは知っていたが
起きられず

そのまま私はうとうとと寝ていた


目覚ましで起き
お風呂に湯を張る
ベッドの中の御主人様に
ペタッと寄りそう


『挨拶…』と言われてしまった

『おはようございます』
『おはよう』

御主人様の手が私の頬を捉える

キスをたくさん頂け
びっくりしながらも
またもや興奮する


こんなにたくさんのキス
そして腕枕だったり
抱きしめてくださったり

とても贅沢な逢瀬だと思う


モーニングフェラをさせて頂き
御主人様にまた挿入して頂ける


お風呂に入ると
『今日は頭からかけてやるか』と
それもとても嬉しい

御主人様に汚され
御主人様に磨かれ

私は御主人様に堕ちる


御主人様の正面に正座をし
頭から御主人様のお小水を頂く
途中
『顔を上げろ』と顔にもかけて頂く
最後は
『咥えろ』と仰って頂け口の中に頂く


お風呂から出て
身支度をする前

『煙草を吸い終わったら抜け お前の朝ごはん』と

御主人様のものを飲ませて頂けた


『今日のおしっこの味は?』
『いつもより薄かったと思います』
『何回もトイレに行ったからな(笑)』

『精子の味は?』
『珠の舌がおかしいのでしょうか…甘く感じました』
『それまずいじゃん 俺糖尿?(笑)』



おしっこや精子の味で御主人様のその日の体調がお分かりになる方が居ると仰る御主人様

『お前もそうなれよww』と




ホテルを出る

武蔵小山へ向かい
釣具屋さんで御主人様のお買い物

楽しそうに嬉しそうに品定めをされている
そんな姿はとても少年に映る
(すみません…)



お昼ご飯は中華料理



御主人様の角煮ラーメン定食
これに天津飯とサラダ付き



珠の四川麻婆豆腐定食
これにライスとスープ付き


少し甘めのスープが角煮と絶妙に合って
御主人様のお気に入りのひと品

麻婆豆腐をひとくち召し上がった御主人様は充分辛いぞ!と仰いましたが
私的には激辛が良く刺激が足りず

お味はとても美味!!

卓上の粗唐辛子をふりかけて御主人様に呆れられていたような^^;


次に伺う事があったなら
激辛でお願いしたいな。。。




 … 珠 …