FC2ブログ
此処は、珠の大切な御主人様との記憶を記録する大事な場になっております 。
2014/07«│ 2014/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2014/09
15:07:57
水分を摂るようにと
飲み物を差し出される…


やっとの思いで躰を起こす

御主人様から飲み物を受け取り
口にする


またそのまま倒れ込み
少しの休息





『四つん這いになれ』
よろよろと這いつくばる



抜け落ちてしまったプラグを挿され
クリに玩具を充てがわれる

何度かその場で果てる

乳首を捻り潰される
鞭で打たれたそこは
自分でもびっくりするくらいの痛み

その痛みで我にかえる

『いたい~ぃ』何度も口にする…。


首筋に御主人様の手がかかる
今までにない強い力で首を絞められ

絞められたまま逝く



背中を踏みつけられ
お尻にお股に鞭が飛ぶ


お股に打ち付けられる鞭は
とても痛く
躰を捩り痛みから逃れようとしてしまう

でも決して逃しては頂けない


踏み潰されたまま
後ろ手に縄を掛けられる

お尻を上げ鞭を受ける
お股を打たれる度お尻を下げてしまい
何度も叱られる



ベッドから降ろされ
縄を解かれる


新たに縄を掛けて頂ける

立ったままおまんこを御主人様の手で触って頂け

一番の絶頂を迎える
何度も逝ってしまう…。


この頃になると
もう…真っ白で記憶が定かではない


『触って欲しかったんだろ』
欲しかった
御主人様の手 指

ぐちゃぐちゃのおまんこに指を挿しながら
『良く覚えておけよ』と…

喘ぐ珠…
『黙ってろ 声を出すな』

必死で堪えるけれど無理

御主人様に触って頂きたくて
御主人様の手で指で逝かせて頂きたくて

待ち焦がれていた珠…

涙を流しながら何度も逝く



ベッドに仰向けに倒される
『膝を立てて脚を拓け』

珠を跨いで立つ御主人様


内股に鞭
おまんこに鞭

痛くて…痛くて…
脚を閉じる

『拓け』

お返事をしながら脚を開く
そして打たれる


何度も繰り返される
もう…分からない…


涙を零しながら
何も考えられないでいた





両手の縄を解かれる


御主人様にご奉仕

『奴隷らしく足から舐めろ』と…


この時
今までにない感覚が珠の中に湧き上がる
言葉で言い表わせない


五感全てが御主人様で満ちた様な
今までに感じた事のない感覚・感情



どう表現したら良いのか分からない…。








TAMA♡





00:14:53
お尻にプラグを挿す


先ほど御主人様と買い物をした
ワンサイズ大きな物

ローションの助けもあり
抵抗しながらも何とか収まる


…と同時に
気持ちの良さに息が漏れてしまう


『なによがってんだよ』と御主人様


おっぱいとお股の所が大きくあいたボディストッキングに
全頭マスクを被り
プラグを挿入した出で立ち


御主人様の前に立つ




『立ったまま自分でしろ』
『はい…』と返事をし
クリに手を伸ばす…


すぐに鞭が飛ぶ
打たれながらのオナニー

痛くて気持ち良くて
程なくして逝く

『指入れろ』
おっぱいもお腹も
打たれ続けられる

穴に指を入れオナニーをする

痛くて前屈みになる
逝く瞬間倒れ込みそうになる

その度
『前に屈むな!』と叱られる


照明の落とされた部屋
マスクの中からは
御主人様のシルエットが何となく分かるだけ

いつ打たれるのか分からない…




『後ろ向け』

背中をお尻を腿を
打ち据えられる



涙が自然に零れてしまう



自分でも意味の分からない涙


この涙は鞭で打たれている事が嫌だからではない

それだけははっきり分かる



部屋いっぱいにひ響く鞭の音



痛みに堪えられなくなる
床に蹲る


『立て!』何度この言葉を御主人様に言わせてしまったのだろう…。


お返事する事も出来なくなる
『返事!』と叱られる


空を切る鞭の音
打ち付けられる音

『…イタ---イ…』
何度も何度も痛いという言葉を吐いてしまっていた


立って居られなくなる


『前に手を付け』

前の壁に手を付きお尻を突き出す


容赦なく打たれる

崩れ堕ちる
『立て!』
『…ハ…イ…』


『鞭が欲しいってお前が言ったんだろ』
『…そう…です…』


『立て!』
『ハ…イ』


崩れ堕ちている間も
休む事なく打たれている訳で


『ごめんなさい…ごめんなさい…』と謝るしか脳がない



マスクの中の珠は涙と鼻水でぐしゃぐしゃ

後から後から溢れ出す



果てしなく続く鞭の雨


何度も何度も崩れ堕ち
立っている事もままならない



『立て!あと5回だ』
『……ハ……イ……』


よろよろと立つ




そして…床に倒れ込む


『ベッドに上がれ 少し安め…』



息も絶え絶え
ベッドに倒れ込む







TAMA♡


























2014/08/18
20:44:32
御主人様から捨てられたらどうなるのかなんて事


いくらばかでも分かる

今まで幾度となく
そんな事も考えた



きっと無理
生きた抜け殻になる

次の方を…
それは絶対にないだろう


自分の性格は自分が良く分かっている

珠は御主人様以外を『主』と認めることは出来ない




一時の感情で口から放った言葉
一瞬にして
この先の自分まで見えた


脳が痺れる
辛くて悲しくて


御主人様は決してぶれたりしない

叱られ
怒られ

酸欠状態になる程泣いた

何が何だか分からなくなる



ほんとばか…



正座をしろ
深く深呼吸


ぼーっとする頭の中

御主人様の指示に従う


少しずつ落ち着く



客観的に見てみろ
お前の隣にお前が居てどう思う


ばかだと思います
素直に答えれば良いのにと思います



自分が吐いた言葉を思い出す
また涙が込み上げる


顔を洗ってきます
お電話かけ直しますとお伝えする


冷たい水でさっぱりし
お電話をかけ直す


とても怖かった
怖かったけれど自分が吐いた言葉


お聞きしてみる


珠は御主人様のお傍に居ても良いですか…


呆れる御主人様


お前に永久奴隷の話しをしたよな?

目の前が潤んで見えなくなる
やっと声を絞り出した

…はい…ごめんなさい…



もう…眠いから寝るぞ…。






自分勝手に良くここまでやったなと
自分で感心する。






心から反省して

心を入れ替えて


御主人様の奴隷として
もう一度やり直す



御主人様が求めている奴隷には
程遠いけれど



御主人様から離れるなんて
もう…口が裂けても言わない






TAMA♡




2014/08/18
18:07:59
『どんな事をされたい?』

御主人様から聞かれた…




それ以前に

今までで一番キツイ調教になるよ

鬼畜調教

愛情無しの調教

…そんなお話をされて


珠に耐えられるのか
そんな思いが気持ちの中にあった




耐えられるのかなんて事は
御主人様がその時の珠の状態をみて判断される事なのに…



して欲しい事
元々お答えするのも苦手

なぜ苦手…
とにかく恥ずかしいそれで口を噤む


答えない事は
許される事ではないのに

イライラさせてしまう…。



御主人様はただイライラしている訳ではなく


その都度答えやすいように助け舟を出してくださっている


オナニーの時何を想ってする?
それを言えばいいんじゃないのか?

願望はないのか?
こんな事をされてみたい
こんな風になってみたい
お前は何も考えてないのか?



縄と鞭が欲しい事しかお伝え出来ずにいた


どんな風に?
どうされたい?


お前がこうされたいです。と言ったってそうするとは言ってない
お前の願望が聞きたいんだよ!



…お前ね…

お前よりも若い子が
もっともっと御主人様に尽くして
一生懸命やってるぞ



縄や鞭をお持ちになるのが大変でしょうから
私がお持ちますから
御主人様縄や鞭をお持ちになってください。

御主人様の縄が欲しいので…鞭が欲しいのでどうぞ宜しくお願いします。


そうやって努力してる




御主人様は懇願出来るような奴隷がお好きなんですよね


なのに…珠は・・・




お前なに『女』になってんだよ
俺が求めているのは女じゃない…

いつもどうなれと言ってる?


色々お話になってくださった
お話しを聞けば聞くほど


もう…珠は御主人様のお傍に置いて頂く資格がない…と思った


心から不甲斐なさを感じた

その後の涙は自分への情けなさ



そして…

珠は御主人様のお傍にいる資格がありません
他の方をお探しください…と


お伝えしてしまった




ほんと…ばかな珠





TAMA♡





2014/08/17
05:56:57
して欲しい事を御主人様に聞かれた


咄嗟に前回口にして叱られた事を思い出し

何も答えられなかった


曖昧な珠の返答
問い詰められ
更に何も答えられなくなる


そんな事が許される筈も無い事は
重々承知しているのに…。


いらいらさせてしまう

そして…自分に嫌気が差す
涙が頬を伝い始める

もっといらいらさせてしまう


最低な珠



縄が欲しい
鞭が欲しい

一生消えることの無い傷が欲しい



そして…もっともっと
御主人様を想わなくてはいけない


今の珠は奴隷じゃない
奴隷として従者として失格


御主人様の奴隷として従者としてのプライド…



深く想わなくては
深く想えなくては

御主人様のお傍に置いて頂く資格なんかない



御主人様大好き…なんて言っているような
恋愛ごっこじゃ務まらないって事



自分の立ち位置を知れ…





01:43:24

美味しかったの♡


もずく




海ぶとう




真ゴチのお刺身




鱧の天麩羅




海老しんじょ




握り 5種
しまあじが美味~♡




最終日の宴でしたぁ(๑´`๑)♡




初めてジーパン姿をお披露目させて頂きました…。


御主人様の感想

結構似合うとの事
ジーパンは珠には全く似合わないと思っていたようです…。あは♡





偶然の1枚…╰(*´︶`*)╯♡

本当は海を撮ったの
江ノ島が写っているはずなのに

なんか偶然だけど
珠にはとても嬉しい写真だったりする…。





この日御主人様から
ネックレスのプレゼントがありました
(,,• •,,)♡

大切にします。
ありがとうございました<(_ _*)>