FC2ブログ
此処は、珠の大切な御主人様との記憶を記録する大事な場になっております 。
2018/11«│ 2018/12| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/01
22:15:28
待ち合わせは
毎日、御主人様がお使いになられている最寄り駅



「 知らない所で待ち合わせするとさ、お前は直ぐ迷子になるだろ ? 」

わぁ ... お優しい事を仰って ... と思って居ると

「 お前が迷子になるとさ、俺がイライラするだろ ? 」

感動は
一瞬にして何処かに消え失せました ... 笑



ランチは ...

御主人様がお店を選んでくださっていたのですが
夜勤明けでお逢いしてくださった事もあり
サッと済ませ、ゆっくりお休み出来る様
急遽ファミレスに変更致しました




そしてホテルへ ...


御主人様の身の回り、お風呂の準備を済ませ

洗っておられない御主人様の
おちん様とたまたま様とアナル様へ
御奉仕させていただきました

「 臭いか?笑 」
「 臭いか?笑 」と
何度も愉しそうにお聞きになられる御主人様

「 臭いです 」と、珠に言わせて
理不尽に叱る ... と言う手法です


お風呂にご一緒させてくださいました

... が

珠 ... 前日に生理になってしまって
( 前回も1日前、生理に ... )

それなのに
お風呂場でおまんこを使ってくださって
とても嬉しかったのです


タンポンを抜かれた時の
恥ずかしさや

使ってくださった
嬉しさと気持ち良さ

ありがとうございました




お風呂から上がると
ベッドへ

お逢いする前
御主人様から

昼間の仮眠の時に
お顔を拝見しながら自慰をする事

そして
その最中も逝く時も
声を出す事は許さない ... とのご指示がございました


御主人様の腕の中
目の前にはお顔

「 始めろ 」と仰り、目を瞑られました

漏れてしまう吐息は
お許しくださっております

静かに逝きます

3度目

何故か寂しくなって来てしまって ...
どうしても続ける事が出来なくて ...
珠も、微睡みの中へ堕ちてしまいました

( 後日、そう言えばお前、オナしたの? 報告もなかったけど ... ?と 、御主人様
正直に、寂しくなってしまって、寝てしまった事をお伝えすると、笑っておられました 。)


そして

不意に目覚め
時間を確認すると驚きました

お店の予約時間があるのに
目覚ましが聞こえずで

慌てました !!
慌てて御主人様を起こしました



御主人様はおトイレに ...
珠はメイクポーチをガサゴソ ...


御主人様がトイレから出られた時に
「 お化粧をします 」とお伝えすると同時に

突然
髪を掴まれ引き摺られ

何が化粧だ !!
主のトイレ後の掃除もせずに !!

その様な事を仰られながら
御主人様の前に引き摺られました

慌てて御主人様のおちん様を口に含み
お掃除をさせていただきましたが
もう、遅く ...


そのまま喉奥まで挿され
離してはいただけず
息苦しさと嘔吐き

解放されると
頬を張り倒されました

それはビンタの比ではなく ...
張り倒されました

また
喉奥に何度も何度も挿され
頬を張り倒され

叱られながら
その繰り返しに

ただ
ごめんなさい ... と許しを乞うだけ

自分の愚かさ
奴隷としての自覚のなさ
御主人様への甘え
女で居てしまった事への後悔

色んな感情が一気に溢れてしまい
涙が零れ

殴られた頬の痛みと共に
本気で泣いてしまいました


お吸いになられていた煙草を
背中につけられたのに

その熱さも痛みも感じないほど
感情が入り乱れてしまいました



髪を掴まれ乱暴に扱われるのも
喉奥に挿されるのも
頬を打たれるのも

大好きな行為なのに
嬉しい事なのに ...


御主人様が
どんなお言葉で叱ってくださっていたのかも
正直覚えておりません

ただ
消えて無くなりたい ... と
私なんて消えて無くなっちゃえば良いんだ ... と

そんな想いでいっぱいでした

その後の
御主人様のお言葉も覚えておりません


「 化粧して来い 」と言うお言葉に
「 しません ... ごめんなさい 」

この辺りから、朧気に想い出されます


どのタイミングだったのか
覚えてはおりませんが

「 落とすなよ !! 」と
背中に置かれたガラスの灰皿は
当然無事な筈も無く

「 灰があるから踏むなよ 気を付けろ 」と仰られ
床に転がったそれに気付きました


「 後で聞くから 」
「 お店の時間もある 」
「 化粧をして来い 」
「 気持ち、切り替えろ 」

分かって居ます
それはそれ、これはこれ ... と
きちんと気持ちを切り替えなければ
もっともっと叱られる事
自分が辛くなるだけな事

でも、涙がとまらなくて

ボロボロ泣いて
情けないです

泣きながらメイクをしました


御主人様は、そんなメイク中の珠に
何度もフォローを入れてくださいました


自分の至らない所作や感情に腹立たしくて
御主人様に申し訳なくて
たくさんフォローのお言葉を掛けてくださった事
余計に涙が零れました


珠がメイクをし、着替える間
御主人様は何をお想いでしたか?

イライラなさっておられましたか?
めんどくさい奴だと呆れましたか?


ごめんなさい ...


本当に、浮かれて甘えて
立場を忘れるバカな奴隷で

... ごめんなさい 。




今、振り返ると

イラマも大好き
頬を打たれる事も大好き
叱られる事も ... 怖いけれど... 好き
だから
もっともっと深く堪能したかったです

もっともっと
御主人様への恐怖心を
珠の快楽へと変換し愉しみたかったです



















Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
14:09:58
御主人様から
縄以外での拘束は初めてでした





首輪を着けられ
手枷を着けられ

後ろで手枷を繋がれ
首輪にリードを繋がれ


縄とは全く違う
縄より自由がある様な緩い感覚

ソファーにお座りになられている
御主人様の前に跪くと

おちん様を咥えたくて
顔を近づけてしまい
リードを引かれ静止されました

目の前に御主人様の足先

なるべく丁寧に
珠の所為でお逢い出来なかった事への
想いを込め、口に含ませて頂きました


やっとおちん様へのご奉仕
舌をつけてしまい
また、リードを引かれてしまいました

『 匂いを嗅いでからだ 』

ご最もです ...
そう躾ていただいて居るのに
まだまだ自分の欲が先立ってしまいます


おちん様を咥えておりますと
『 トイレに行け 』
御主人様のお小水タイムです

目の前に座り終わるのを待ち
お掃除させていただきます

『 綺麗になったか? 』と、いつも聞かれます
『 まだです ... 』と、答えたいのですが ...
『 はい 』と、答えてしまいます (笑)


ソファーに戻り
御主人様の物をおしゃぶりし
乳首や乳房を噛まれたり
キスをくださって ...

御主人様の腕の中に抱きとめられながら
クリで何度も何度も逝かせていただけて
リードの持ち手のレザー部分を鞭として
おまんこを打ってくださって
平手で叩いてくださって

痛みと快楽のループで朦朧としていても
御主人様のお声は必ず拾えます
不思議です

『 声を出さずに逝け 』
『 声を出すな !! 』

声を漏らさず ... と、言うのは
キツいし辛いのですが ... 好きです ... 。

何度も
打たれ、叩かれ、噛まれ、キスをされ
御主人様の前に立たされると
ここで珠、お粗相です ...
大大大お粗相です ...

出血も勿論ですが
おまんこから溢れ出てしまったお汁も相まって
タンポンさん容量オーバー

ダダ漏れです
血みどろです


身支度を整え直し
ベッドに横になられる御主人様の元へ

シーツを汚してしまったら ... と考えてしまい
ベッドに上がらず
御主人様のものに
顔を擦り付けておりますと
『 ベッドに上がれよ 』

咥えておりますと
『 上に来い 』

???
騎乗位かなって思っておりますと
騎乗位ではなくて
御主人様のお身体の上に ... と言う事でした
そっと躰を乗せると

ゆっくり激しくキスをくださいました
沢山、沢山 ...

珠から舌を入れたりなんて事は出来ませんから
御主人様のリードの元
なされるがまま
至福の絶頂でした


おちん様、タマタマ様、アナル様へ
沢山沢山、ご奉仕させてくださいました

御奉仕をしている時に
リードのチェーンで背中や尻を打たれ
その痛みもまた初めての痛みでした

流石に手加減はなさってくださいましたが ... 。



『 ソファーへ行って脚を拡げろ 』

仰る通りにしておりますと
綿棒を手になさる御主人様

葉巻の甘い香りが漂いながら
綿棒を手にされ
甘い香りの中の不安と恐怖

その恐怖の中
珠のお腹に葉巻を置かれる ...
そんな覚悟は出来ておりませんから
その急な熱さにびっくりです


その綿棒が珠の尿道へ ...

初めて経験する恐怖と痛みと違和感に
何度も脚を閉じてしまい
その都度
「 拓け 」と叱られ

痛いとか嫌とか
口をついてしまうし
ポロポロと涙も零れて来てしまうし

余りに騒いでしまう珠
思い切り何度か頬を打たれました

それでも御主人様は辞めてはくださいません
珠が泣こうが喚こうが騒ごうが
そんな事は関係ないのです

でも、御主人様は何時でも冷静で
私の様子や状態はきちんと見ていてくださっている事は常々感じておりますので
その行為に対して
躰を預ける事への不安はありませんでした

初体験の感想は ... とても怖かったです
怖かったとしか表現出来ません


乳首や乳房を噛まれ
腕や尻を噛まれ
キスも、またくださって
唾液をくださって
乳房に触れる煙草の熱さ

その全てに酔いしれました



珠の尻穴を解してくださいました
御主人様にそんな事をしていただくのは
とても申し訳ない事なのに
とても嬉しかったです

ベッドに四つん這いになり
尻穴におちん様をくださいました

とてもとてもとても
気持ちが良くて ...
珠 ... 尻穴でも逝けそうです

そして、また御主人様のおちん様を咥え
おしゃぶりさせていただき
舌を使い手を使い

御主人様のお精子様をお口いっぱい出していただいて、珠の体内へと取り込みます


抱き締めてくださり
また沢山キスをくださり

御主人様の腕の中で目を閉じると
" 安心 " の中での安堵にウトウト

時間の許す限り
まったりと至福の時を ...

お泊まり出来たら良かったのですが
珠の都合で、心から申し訳なく想っております



また
バスルームが狭く
一緒に入る事が出来なかったのは
少し寂しかったです ...


















Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
22:17:05
さっとお風呂を済ませ


ベッドに横たわる
御主人様のおちん様を咥えようとしました

「 違う 」と、ひとこと

御主人様の胸に抱かれ
頭を撫でられ

キスしてくださり
乳首を口に含んでくださって

優しく愛撫してくださいました

おまんこには御主人様の指


蕩けだした頃
おまんこへの平手打ち

気持ち良かったり、痛みに声を上げてしまったり ...


御主人様へのご奉仕
お身体に舌を這わせます

「 手も使え 」
何処か疎かになってしまう事
直さなければなりません

おちん様、たまたま様、アナル様

精一杯
ご奉仕させていただきました


御主人様の前で
脚を開き

自慰をし
御主人様に跨り
腰を振り

逝く ...

何度も
何度も

腰を振り

逝く ...

御主人様の
「 逝け 」のひと声

どうしてか
あっさり逝ってしまう躰に
いつの間にかそんな躰に


動画をお撮りになられておいでなのに
とても恥ずかしいのに
浅ましく逝ってしまうんです


乳房を握り潰される痛みに声を上げてしまいます


乳房に近づく煙草
見つめておりました

その熱さや痛みは躰が覚えています
小さな水泡が何個も出来ました
刻んでくださる事が嬉しくて、嬉しくて ...

分かりません ...
本当に ... 分かりません ...

御主人様を刻んでいただける事への悦びに
理由が無く
どうして嬉しいのか ... 分からぬまま ...



御主人様のお精子様を
口の中いっぱいに注いでくださって




幸せです ... 。


お風呂をご一緒させていただき
その時、飲尿もさせていただけました

御主人様の髪を洗える事
お身体を洗える事


何もかも ...
御主人様のお傍に居れる事が幸せです



お風呂の後は
軟骨と耳たぶにピアスを開けていただきました

誕生日の記念として

御主人様はわざとタイミングをずらされます
覚悟の前に穴が開きます


それが御主人様の優しさ ... なのですよね ?? 笑

耳が真っ赤


記念のピアス
暫くの間
軟骨の痛みで寂しくなる事は無いはずです !!


御主人様
ありがとうございました 。













Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
23:15:25
鞭を打ってくださった後


「 座れ 」と ...

御主人様の前に正座をしました


赤い蝋燭に火が灯りました
太腿の間に挟みながら
御主人様は
「 しっかり挟んでおけ 倒すなよ 」と ...

蝋燭を必死に挟みながら
蝋燭が溶けるのを見つめ
御主人様をお待ちします



躰に蝋燭を垂らされると
熱さより気持ち良さを感じました
低温だからなのでしょうか ... ??
熱さは余り感じませんでした

脇の下は多少の熱さを感じましたが 、、

蝋燭に染まるの
良いです ...
蝋が躰で固まる感覚
好いです ...


「 咥えろ 」
口に蝋燭をねじ込まれたのですが
極太蝋燭
咥えるのがやっと
顎が外れそうな程 (笑)

ねじ込まれた時
その太さの方にあわあわ ... 汗

御主人様をお待ちする時間が
とてもとても長く感じました


口に咥えた蝋燭の雫が
珠の躰に滴り落ちます

自分で自分の躰に ...
ぽたぽたぽたぽた ...


「 舌を出せ 」
怖かったけれど
それよりも珠は御主人様の方が怖いので
戸惑う暇なんてなく舌を出しました

舌に落ちる蝋

「 垂らすな 舌で受けろ 」

ひとしきり蝋を垂らされると

珠の乳で蝋燭を消されました
一瞬の事でしたが
それはとても怖かったです ... 。


縄を解かれたのも
アナルフックを外されたのも
記憶にありません 、、
何故でしょう ??

「 立て、そのまま風呂 」と、御主人様

舌を出したまま
御主人様の後について
涎を垂らしながらバスルームへ ...

「 蝋燭落とせ 」と御主人様

ペリペリと呑気に剥がしておりましたら
「 そんなにゆっくり剥がしてたら、時間なくなるぞ」と ...

剥がした蝋燭の一部



このお写真がいちばん好きです
御主人様の御御足が映り込んで居るから ♡


なんか、こう言うお写真が
とても嬉しかったりします








Category:│ コメント:--│ トラックバック :--
03:36:25
ホテルに入ると
御主人様は必ずバスローブを羽織りますので

荷物を置いてから
珠の所作は
御主人様のお着替えのお手伝いです

... 好きです 。とても 。


その時々で多少変わりますが

お風呂の準備をする様仰られたので
直ぐバスタブにお湯を張りました



その後
荷物の整理をしておりましたら
お小水との事
そして、お風呂で待つようにとも仰りました

急いで全裸になり
御主人様の趣旨が良く分からぬまま
バスルームへ行き
正座をしてお待ちしました

いらした御主人様のおちん様を咥え
おしゃぶりしておりますと

大きい方をなさりたいと ...


思い返せば、少しだけ笑えてしまうのですが
その時は
もう、何が起こるの ??? 状態のまま
トイレに連れられました


御主人様は、用を足されている間
しゃぶって居ろと ...

不思議と匂いが珠の鼻をつく事はありませんでしたが
何故かそんな哀れなシチュエーションに興奮していました


バスルームへ戻ると
バスタブに手を付き
尻を突き出せと ...

おまんこにお小水をいただきました

流れ入る感覚も
いっぱいになる感覚も
流れ出る感覚も

全て感じれ

汚されながら清められている様に感じました

「 躰を流してから出て来い 」


お部屋に戻ると
ケーキを出すように言われました

御主人様が
おひとりでお店に入り
選ばれた物

箱を開けると

美しく綺麗で、可憐で可愛いケーキが2つ


鮮やかな色
素敵なケーキ
食べるのが勿体無い程でした



中のチョコはとても濃厚でしっとり滑らか
周りの酸味とのバランス
めちゃくちゃ美味しい !!


甘すぎずふわふわな
ムース状の苺の生クリーム
真ん中には程よく酸味のあるジャムが
口の中いっぱいに広がり
ほっぺが落ちそう ♡


先に御主人様のお口に運びましたが
「 珠が先に食べな、お前の誕生ケーキなんだから 」と ...

そんなお心遣いを
素直に受けさせていただきました

ありがとうございます
本当にありがとうございます ... 。



ケーキを食べ終えると
準備をする様仰られました


今回ご指定の奴隷としての正装
メイクを直し、髪を整え
御主人様の元へ


尻を出すように言われ
差し出すと
アナルフックを挿されました

冷たくて少しの重みを尻穴に感じました

「 手 」
縄をお持ちの御主人様が
目の前にいらっしゃるのに

珠はふわふわとしたまま
birthday mode だったのでしょうか ...

「 手 !! しっかり揃えて出せ !!!! 」
一喝され
キリッと締まりました ...


手首に縄が掛かり頭の後ろへ
胸に這う縄
フックに掛かり引き上げられました

御主人様に背を向けていたので
何がこの先起こるのか
想像なんて出来ないで居ると

その姿を御主人様はカメラに収められました



前を向いた時に
そこに一本鞭があるのが分かりました

ゾクゾク ...
ドキドキ ...


再度後ろを向かされ
覚悟はあっても

打たれる度、声は漏れてしまいます

打たれる毎、呼吸も乱れて行きます


嬉しかったです
とてもとても ...

誕生日に
縛ってくださった事も
鞭をくださった事も


とても、嬉しかったです










Category:│ コメント:--│ トラックバック :--